ヲタとして残された使命を全うします・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某SNSではかみんぐあうと済ませたのですが・・・
超今更の話?
いや皆さんもう既に・・・なお話なんですが事後報告に
なってしまいましたが、こっちでも節目のお話を。

つか!あんたするならもっと大事なかみんぐあうとが
あるでしょ!って突っ込みはナシの方向でwwwww

一応隠すか。ね?隠したほうがいいよねw






実は5月10日の少年収を持ちまして、龍也くんの担当
を名乗らせて頂くことになりました。

どんだけ前!って話だwwwwwwwwwwwwwww

もうね、書いてる内容で薄々ご想像つくと思ってたけど、
上手く言えないけど自分なりの”けじめ”なの。

正直最初は龍也くんのこと、ずっと大好きなあの子と姿
というか踊り方も雰囲気も被っちゃって、それで好きに
なったのは真実です。でも決して代わりとかじゃなくて、
うちわを持たせて頂く以上は、しめかけりゅうやとして
本気で応援してあげたいと思った5月のじゃんぷコン。

なんか直感?歴代のたんとうも出会い(出会ってねぇwww)
は中3だった記憶ですネ!

ヲタ卒云々の話は確かに自分の言ったことに矛盾してるし
これは口に気をつけたいです。軽率な言動でした。

でも人間って、それこそ人を好きになるのは感情だから
理屈じゃ説明できないし、気持ちと時の流れには逆らわ
ないで正直に生きるのが一番だと思った。

過ぎ去った思い出は楽しいことも悲しかったことも全て
いつか笑って話せるようになるためにも”けじめ”を付け
たいと決めた結果なのです。
自分、じゃんぷコンの後から好きな子のうちわを持って
コンサートとか少年収に行って必死になる楽しさを思い出
したって書いてたじゃないですか。ここまできたらもう
こっちの世界に”本格的に”(?)戻るしかないと感じた。

そして迎えた”けじめ”の日。
歴代の担当を気になりだしたのはいつも少年収だったから、
この日を”けじめ”の日として迎えたかった。
自分の決めたことは間違ってないって今やっと言えます。
ただ、いくら”けじめ”をつけてもこれから先、ふと過ぎた
思い出を振り返って涙を流すかも知れないけど、それだって
悪くはないはず。

龍也くんの担当になっても、果たして何時まで龍也くんと
楽しい思い出が作れるかなんて誰にも判らない。
結局同じことの繰り返しかも知れない。
ヲタクは所詮自己満足の世界なんだろうけど、今の自分に
取って龍也くんは絶対に必要な存在なのです。

冗談でもタダでさえデカい口が余計デカくなったわけでも
なく、龍也くんを好きになれて今まで積もってた肩の荷と
言うか、不甲斐なさが晴れて前向きの考え方ができるよう
になった。

うわーまぢリアみてぇきんめぇwwwwwwwwwwww

気持ち悪いヲタクですが、龍也くんのこと、自分のペースで
無理をしないで、応援していけたらなぁという気持ちです。
今年の夏は、ぺったんこ(当たり前だwww)の胸を張って
龍也くん担として迎えます!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
実は5月10日の少年収を持ちまして、龍也くんの担当
を名乗らせて頂くことになりました。

どんだけ前!って話だwwwwwwwwwwwwwww

もうね、書いてる内容で薄々ご想像つくと思ってたけど、
上手く言えないけど自分なりの”けじめ”なの。

正直最初は龍也くんのこと、ずっと大好きなあの子と姿
というか踊り方も雰囲気も被っちゃって、それで好きに
なったのは真実です。でも決して代わりとかじゃなくて、
うちわを持たせて頂く以上は、しめかけりゅうやとして
本気で応援してあげたいと思った5月のじゃんぷコン。

なんか直感?歴代のたんとうも出会い(出会ってねぇwww)
は中3だった記憶ですネ!

ヲタ卒云々の話は確かに自分の言ったことに矛盾してるし
これは口に気をつけたいです。軽率な言動でした。

でも人間って、それこそ人を好きになるのは感情だから
理屈じゃ説明できないし、気持ちと時の流れには逆らわ
ないで正直に生きるのが一番だと思った。

過ぎ去った思い出は楽しいことも悲しかったことも全て
いつか笑って話せるようになるためにも”けじめ”を付け
たいと決めた結果なのです。
自分、じゃんぷコンの後から好きな子のうちわを持って
コンサートとか少年収に行って必死になる楽しさを思い出
したって書いてたじゃないですか。ここまできたらもう
こっちの世界に”本格的に”(?)戻るしかないと感じた。

そして迎えた”けじめ”の日。
歴代の担当を気になりだしたのはいつも少年収だったから、
この日を”けじめ”の日として迎えたかった。
自分の決めたことは間違ってないって今やっと言えます。
ただ、いくら”けじめ”をつけてもこれから先、ふと過ぎた
思い出を振り返って涙を流すかも知れないけど、それだって
悪くはないはず。

龍也くんの担当になっても、果たして何時まで龍也くんと
楽しい思い出が作れるかなんて誰にも判らない。
結局同じことの繰り返しかも知れない。
ヲタクは所詮自己満足の世界なんだろうけど、今の自分に
取って龍也くんは絶対に必要な存在なのです。

冗談でもタダでさえデカい口が余計デカくなったわけでも
なく、龍也くんを好きになれて今まで積もってた肩の荷と
言うか、不甲斐なさが晴れて前向きの考え方ができるよう
になった。

うわーまぢリアみてぇきんめぇwwwwwwwwwwww

気持ち悪いヲタクですが、龍也くんのこと、自分のペースで
無理をしないで、応援していけたらなぁという気持ちです。
今年の夏は、ぺったんこ(当たり前だwww)の胸を張って
龍也くん担として迎えます!
スポンサーサイト

【2010/06/21 00:11】 | しめかけりゅうや
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。